menu_logo.jpg
menu_line1.jpg

01.png

1.png

01.png

02.png

会社情報
1-line.png
a.png
2-line.png
b.png
2-line.png
c.png
2-line.png
d.png
2-line.png
e.png

商品とサービス
1-line.png
1-1.png
2-line.png
1-2.png

歴史
1-line.png
2-1.png
2-line.png
2-2.png

うろこやの職人達
1-line.png
3-1.png
2-line.png
3-2.png
2-line.png
3-3.png
2-line.png
3-4.png
2-line.png
3-5.png

サイト情報
1-line.png
4-1.png
2-line.png
4-2.png
2-line.png
4-3.png
2-line.png
4-4.png
2-line.png
link1.pnglink.png

img_top-1.jpg

手塗り技術
漆塗と言っても様々な技法があります。技法によって木目を見せる塗り方から漆の色を楽しむ塗り方などがあります。
ここでは会津独自の「花塗」と言う技法を板物でご紹介致します。
漆を塗り後に表面を研ぎださない花塗は、漆だけで美しい光沢出す塗りの技法です。刷毛の跡や塗りむらを一切残さ無い為、非常に高い熟練した技術を必要とします。漆の独特の艶と鏡面の様な光沢が楽しめます。
Tenuri-.jpg

手塗りは職人の魂
折笠漆器店では漆塗りの職人の技の伝承を行っています。多様な技法を習得するまでに長い時間を必要とします。職人たちは高度な熟練の技を競い合い、製品を作っております。日々鍛錬を重ねた職人の技は国内の他の産地に引けを取りません。

Tenuri-tool.jpg

長く大切にお客様にお使い頂けるよう、折笠漆器店ではご愛用されている漆器の修理も承っています。
傷や剥がれ、光沢が無くなった漆器でも修理を施すだけで新品の輝きを取り戻せます。
傷の部分等からヤスリ掛けを始め、職人自身は塗る物に合わせて塗りへらを作り、作業にあたります。

吹き付け技術
丸物、板物問わず多くの品に採用されています。ここでは卓越した職人が、均一にむらなく吹き付け塗装をおこないます。手塗と大きく異なる点としては、吹き付け作業で塗装された漆を乾燥させる漆風呂や回転風呂と呼ばれている収納場所に置かれます。大きな倉庫を思わせるスペースは1年中一定な温度と湿度に保たれています。
pht_air-1.jpg

吹き付け手法
吹き付け塗装では塗面が美しくむらなく塗れる様、塗装する物をろくろの上に乗せ、手動で回転させ、均一に塗って行きます。

pht_air2.jpg

工業用途への展開
工業製品としては、折笠漆器店の関連会社のユーアイヅで漆のUV加工塗装を行っております。今までの漆塗りの概念にとらわれず、進歩した塗り技術を応用して紙、ガラス、布、プラスティック、マグネシウムやアルミなどの金属への漆の塗装を実現いたします。

nuri_6.jpgnuri_7.jpg